2022-07-03

474杯目:富士そば板橋店で冷し合鴨そば

 調味料をやたらと付けてくる店ってありますね。例えば「焼き鳥盛り合わせ」に辛子味噌・抹茶塩・柚子こしょうを添える居酒屋とか。なぜかこのケースは、三つに仕切られた小皿に調味料を盛っていることが多い。それで、たまにミスマッチな調味料も紛れこんでいたりして。

 多彩な調味料、薬味はある種の「おもてなし」。富士そば板橋店の店舗限定メニュー「冷し合鴨そば」(600円)にも、その心意気が見てとれる。

 このメニューで主役を飾るのは、いまやセミレギュラーと化した「合鴨」。初出は2017年の「合鴨ラー油つけそば」で、以来、度々タペストリーメニューや限定メニューとして復活を繰り返している。
 そんな合鴨ローストの脇を紅生姜、マヨネーズ、カラシが固める。おまけといわんばかりに、ゆで卵も添えられている。あり合わせのメンバーに見えなくもないが、なかなかどうして華やかである。

 そばの上に盛られた合鴨肉は4枚。せっかくなら店が用意してくれた調味料・薬味を堪能したいところだが、何をつけて食べるべきか。紅生姜かマヨネーズか、それともカラシ?

 結論からいうとですね、一番好きなのはカラシでした。合鴨は味付けがしっかりしていて、風味もスモーキー。主張の強い合鴨をカラシの爽やかな辛味が見事に中和してくれた。紅生姜もマヨもジャンクな味わいがプラスされて、悪くはないけれど。
 合鴨と調味料のマッチングを思案するのも、このメニューの醍醐味か。
希少性:★★★ インパクト:★★☆ コスパ:★★☆

信州 戸隠生そば 5人前そばつゆ付 自家挽きそば粉

新品価格
¥1,500から
(2022/5/30 11:52時点)

オードブル 合鴨スモーク(ロース)1kg(5本)冷凍業務用

新品価格
¥1,380から
(2022/7/3 09:08時点)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP