2021-02-20

387杯目:富士そば十条店で生姜焼き丼

 先日、富士そば十条店の券売機に「生姜焼き丼」を見つけた。そばとのセットで740円。スイッチに指を伸ばしかけて、はて? と思いとどまった。 過去に同じものを食べたことがあったような、なかったような……。
 逡巡するのには理由がある。私は普段からこうしてブログに富士そばの記録をしたためている。富士そばに行くことと、ブログのネタを探すことはニア・イコールの関係といってもいい。また、このブログには「初めて食べたメニューを紹介する」というルールを設けているため、原則的に同じメニューが再びブログに載ることはない。
 だから、一度食べた可能性のあるメニューはどうしたって躊躇する。ただお腹を満たす、という適切なプロセスを踏むこともできるが、頭の中の富士そばライターが「ブログに書けないかもよ?」とささやき、それを許さない。この場をスルーして、隣町の富士そばに行けばもっと面白いメニューがあるのではないか。そんな欲気も出てくる。そもそも「生姜焼き」系のメニューは、普段使っている食材(豚肉、玉ねぎ等)を流用すれば手軽につくれそうなので、過去に登場したケースは充分に考えられる。それに記憶を辿れば「生姜焼き」系のメニューは確かに食べたことがある。しかし、それが「生姜焼き丼」であった自信はない。



 昔食べたメニューも覚えてねーのかよ、と咎められたら、覚えてねーよと秒で返す。これまで富士そばで1500杯、400種類を食べてきたのだ。一杯一杯を事細かに覚えられるほど、私の脳は優秀ではない。
 葛藤を繰り返した末に「生姜焼き丼」の食券を購入。「食べたことない」方に賭けたのだ。料理を待つ間は答え合わせの時間である。自身のブログを開いて「生姜」で記事検索。すると、関連が深そうな2つのメニューが見つかった。

 1つ目は、2018年に食べた川口店の「生姜焼き定食」。こちらは、定食タイプなので今回の「生姜焼き丼」とは別物と考えていい。したがって“セーフ”である。



 二つ目は、同年に食べた大塚店の独自メニュー。なんと「豚生姜丼」である。やってしまった――。思わず声が漏れる。メニュー名やトッピングの海苔に独自性はあるものの、だれが何といおうとこれは「生姜焼き丼」。まさかの「食べたことある」方だったのだ。 今回は記事に書けそうにないな……。すっかり気落ちして、料理を受け取り行く。配膳されたトレイに目を落とすと再び声が漏れた。

 めちゃくちゃマヨネーズかかってる! なんだこれ! 豚肉と玉ねぎを甘辛く煮こんだ点は大塚店と大差ないが、これだけヤケクソにマヨビームを照射されてしまっては完全に別物。「マヨ生姜焼き丼」と表記したほうが親切な気もするが、もはやそんなことはどうでもよくなるくらい浮かれてしまう。 一度諦めかけてのどんでん返し。今回は私の勝ちということで。
希少性:★★★ インパクト:★★☆ コスパ:★★☆

【複数購入で1000円OFFクーポン!】松屋 豚生姜焼き 10個セット【送料無料】

お得な 合計2kg 粗びき生姜の 豚肩ロース 生姜焼き

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP