2021-05-21

402杯目:富士そば新宿都庁店で冷やしきつねおろしつけそば

 フリーランスになった7年前から在宅時間が多くなり、それにともなって日に1、2度自炊するようになった。料理のレパートリーは4種類ほどで、これを上手くやりくりして日々の献立を考えている。 登場頻度の高い食材に「油揚げ」がある。刻んで炒め物や煮物に加えたりする。小腹空いたときなどは、そのまま食べておやつがわりにすることも。とくに感動するような美味しさではないが、無性に食べたくなる吸引力があり、私は根拠のない愛を注ぎ続けている。

 だから、富士そば新宿都庁店の「冷やしきつねおろしつけそば」(440円)を見かけたときは、胸が高なり、心が弾んだ。2019年に販売された店舗限定メニュー。例年夏になると券売機に現れる。



 つけ汁には刻んだ油揚げと大根おろし、ネギが入っている。つゆはややぬる目で、おろしが入っているためか、いつもより薄口に感じる。

 油揚げは「きつねそば」のものを流用していて、甘辛仕立て。ざらざらじゅわじゅわの歯ざわりがたまらない。牛革のバックスキンを細かく刻んで煮こめば、こんな食感なんじゃないかしら。などと思っていたら、あっという間にそばがなくなった。
希少性:★★★ インパクト:★★☆ コスパ:★★★

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP