2022-05-07

463杯目:富士そば新小岩店で山菜天そば

 富士そば御徒町駅前店代々木八幡店の影に隠れてはいるものの、密やかにクリエイティビティを発揮する新小岩店。知られざる実力者の次なる新メニュー、それが「山菜天そば」(460円)である。



 ありそうでなかった山菜の天ぷら。いぶし銀なセレクトはこの店ならでは。控えめなPOPは自信の表れか、それとも――。



「山菜天そば」、その正体は「山菜そば」のアレンジメニュー。通常はそばの上に盛りつけられている山菜の水煮を天ぷらに応用している。

 具は芋づる(わらび?)やきくらげ、細竹など。口をつける前から山菜特有の香りがただよってくる。塩水に浸けるタイプの水煮を使っているのか、味つけはやや濃いめ。山菜の滋味はあまり感じられないので、食感を楽しむものと割り切ろう。通常の山菜そばと食べ比べするのも楽しそう。
希少性:★★★ インパクト:★★☆ コスパ:★★★

こちらは10年近く前に撮った「山菜そば」

富士そばウォッチ8年間の思いを入魂! 同人誌 「フジソバマニア」

「富士そば」は、なぜアルバイトにもボーナスを出すのか (集英社新書) [ 丹 道夫 ]

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP